まずもって食べきれない食品ってないでしょうと思う

食品ロスが問題になり、解決に向けたいろいろな取り組みがよくTV番組などで紹介されています。
食品を商品と考えて生産・販売する生産者や小売業者が諸事情で食品をロスしてしまうのはわからなくもないです。
ただ、ひとつ疑問が。
少なくとも、家庭の食品は本来食べきれないってありえないでしょうと思うのです。
だって、食べるために買ったんじゃないですか。
しかも、自分で選んで買った物ですから、食べられないものではないはず。
このあいだTVで見た特集では、それぞれの家庭での食べ残し品を持ち寄って調理する『サルベージパーティー』を紹介していました。
普通の野菜とか、食べきれなかった餅とか、残ってしまったふりかけとか・・・。
いやいや、普通に食べればいいでしょうにと思っちゃいましたよ。
餅は意外と賞味期限長いですよ。
正月しか食べないという固定観念が、残り物にしてしまうのでしょうか。
ふりかけも長期保存できますよね。
食べ飽きたらしばらく食べずとも、間を置いて食べても十分食べきれると思います。
もし食べきれないのであれば、単純に買いすぎですね。
最大の食品ロス解決法は、食べきれないほどの食料品を買い込まないことではないでしょうか。ミュゼvio

大気圏や温度減率などについて実践しました

空気などについて習得しました。Pa(パスカル)は重圧の単位で、1�uの面積に1N(ニュートン)の勢いが繋がるシーンを1Paと決める。100Pa=1hPaだ。1013hPaでは1�u程度1.013×10Nの勢いがかかってある。大気圏はその高度による温度改善の容姿をもとに、下層から上層に向かって対流圏・成層圏・真中圏・エネルギー圏に区分されてある。空気の分子や原子は入り乱れて熱く飛びかってある。こういう行動をエネルギー行動といいます。空気が熱せられると、分子・原子の行動が激しくなりますが、温度はこういうエネルギー行動の激しさを映し出す本数だ。高温でエネルギー行動が激しくても、空気が希薄であればロットキャパシティ程度の熱本数は可愛いだ。地表から高度約11kmまで空気の気温は平均して100mにつき約0.65℃ずつ減少していきます。これを温度減確率といいます。この部分を対流圏とよびます。このようなことを習得しましたが、知らないことを知れて良かったです。酵素ドリンクランキング