こんなにきれいになるなら、捨てるんじゃなかった

夏は日焼け止めを塗るせいか、服の袖口、襟周りが汚れる。
服に付いた日焼け止めはなかなか手強い。
普通に洗濯するだけでは、この日焼け止めの汚れは落ちない。
しかも黄ばんだ感じになって、見た目がとても悪い。

この汚れを落とすために、私は試行錯誤した。
まず、メイク落としを使ってみた。
顔や体に塗った日焼け止めを落とすのに使っているメイク落としなら、服に付いた日焼け止めも落ちると思ったから。
汚れた襟にクレンジングオイルを塗り込んで、洗濯機に放り込んで、いつも通りに洗濯。
洗い上がりは…きれいになってない!
クレンジングオイルではダメなのか。

次に使ってみたのは、酸素系漂白剤。
塩素系漂白剤を使って日焼け止めを落とそうとすると、ピンク色になってしまい逆に汚くなると聞いたので酸素系漂白剤を使う。
お風呂の残り湯に漂白剤を溶かして、服を浸すこと1時間。
お湯から服を引き上げると、なんと真っ白。
首回りの汚れは、どこへやら。
漂白剤を溶かしたお湯に浸けるだけなのに、こんなにきれいになるなんて感動した。